永野 芽郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。 子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー
52キロバイト (6,754 語) - 2019年10月14日 (月) 10:23


逆に言うと鼻に特徴があるだけという

1 砂漠のマスカレード ★

永野芽郁が“割と最新の自撮り”ショットをお届け!
10月15日に女優の永野芽郁がInstagramを更新。「#これ割と最新の自撮り」とのコメントとともに自撮りショットを公開し、ファンから歓喜の声が届いている。


(出典 image.news.livedoor.com)


(出典 i.ytimg.com)


永野芽郁 Instagram

<耳マンのそのほかの記事>

同エントリーで永野は「仮面病棟の撮影がんばっておりまする」と綴り、自身が出演する映画『仮面病棟』(2020年3月6日公開予定)の撮影に励んでいることを報告。
さらに「#写真撮らなすぎて更新しなすぎ許して」「#これ割と最新の自撮り」「#とゆうかこれしかない」「#カメラ見れず逸らしがち」と綴り、自撮りショットを公開した。
写真の彼女はコメントのとおり、うつむいた様子でカメラから目を逸らしておすましした表情をしている。
明るい茶色のセミロングヘアがお似合いで、ネイビーのトップスを“萌え袖”にして着こなす姿もなんともキュート! 仕草や表情含め、彼女の愛らしさが詰まった1枚に仕上がっている。

「圧倒的可愛さとオーラですね」キュートな姿にファン歓喜
ファン待望(!?)の“最新自撮りショット”には、「うわぁぁ可愛すぎる!」「今日も今日とて可愛い」「圧倒的可愛さとオーラですね」「どう見ても可愛い」
「天使だ 可愛すぎる」「かわいいい 疲れが癒されました」「こういう目線の芽郁ちゃんも可愛すぎてやばいよ!」と、“可愛い”の声が殺到。
「忙しいのに更新ありがとう」「久しぶりにめいめい見れて幸せ」といった歓喜のコメントが寄せられるほか、
「撮影頑張って下さい! 作品楽しみにしています」「体調崩さずに、頑張ってね」といったエールも届くなど、コメント欄は大盛り上がりとなっている。

映画『仮面病棟』は知念実希人による同名小説を実写映画化した作品。主演の坂口健太郎は主人公の医師・速水秀悟役を演じ、永野は速水に救われる謎の美少女・川崎瞳役を演じる。

https://news.livedoor.com/article/detail/17234805/
2019年10月15日 12時57分 耳マン





2 名無しさん@恐縮です


4 名無しさん@恐縮です

こいつ中の上レベルの面なのにどんだけ構ってちゃんやねん


12 名無しさん@恐縮です

大したことなくね?


13 名無しさん@恐縮です

実際めっちゃ可愛いよな


18 名無しさん@恐縮です

高橋一生いじり倒したとき面白い子だなと思った


32 名無しさん@恐縮です

この人、顔がいつも違う


33 名無しさん@恐縮です

若い頃のほしのあきによく似てるなぁ


34 名無しさん@恐縮です

圧倒的というほどではない件
中の上という件

UQモバイルのcmでは田部ちゃんが一番光ってる件
UQモバイルのcmではダントツ最下位のカスミソウ以下レヴェルな件