日向坂46 (井口眞緒からのリダイレクト)
^ “ご迷惑とご心配をおかけしてすみません”. 日向坂46公式サイト 井口 眞緒 公式ブログ. 日向坂46運営委員会 (2019年9月8日). 2019年11月18日閲覧。 ^ “井口眞緒に関しまして”. 日向坂46公式サイト. Seed & Flower合同会社 (2020年2月12日)
115キロバイト (13,373 語) - 2020年2月15日 (土) 22:15


今は亡き人みたいな,,,(苦笑)

1 砂漠のマスカレード ★

2月12日、井口眞緒が日向坂46を卒業することを発表した。井口といえば、日向坂46のムードメーカー的存在でバラエティでも活躍していたメンバーだ。
昨年9月より活動休止しており再びグループに戻ってくることを心待ちにしていたファンも多かったことだろう。
そこで本稿では、井口がどういった人物であったか振り返るべく日向坂46に詳しいライター・一条皓太氏に話を聞いた。

「井口さんはグループで目立った存在でした。
底抜けに明るい性格の持ち主であることと話が唐突かつ長いというキャラクター性は、メンバーや共演者から面白がられていましたね。
また、井口さんはダンスや歌が苦手と公言しており、けやき坂46のオーディションでは課題となっていたダンスが難しすぎて覚えてこず、齊藤京子さんから驚かれたというエピソードもあります。
ただ、そういった弱点すら持ち前のひたむきさで乗り越えてきたところも彼女の凄さです。

また、将来「スナック眞緒」をやりたいと公言していたことから、グループの冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京)でメンバー初の個人コーナーが設けられました。
これは番組初期に生まれたもので、井口さんがメンバーの悩みを聞くという企画。同コーナーによって、メンバーがどんな悩みを抱えているのかを知ることができましたし、
当時まだ関係性が深くなかった番組MCのオードリーとけやき坂46(現:日向坂46)との架け橋にもなりました。こうした役回りは、メンバーの強みや弱みを把握できる彼女だからこそできたことではないかと思います。
また、彼女のキャラクター性が評価されたためか、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では日向坂46メンバーとして初出演を果たしました。そこで彼女特有の面白さが発揮され、明石家さんまさんからも気に入られている印象でしたね」

キャラクター性に注目が集まりがちな井口であるが、周囲から愛されていた理由はそれだけではない。苦手としていたパフォーマンスにおいてもひたむきな姿勢を見せていた。

「井口さんは自分の弱点をそのままでよしとする人ではありません。彼女はパフォーマンス面においても成長していきました。一番大きなエピソードでいえば“井口セゾン”です。
これは、けやき坂46時代のライブで、井口さんが「二人セゾン」の平手友梨奈さんのパートを担当したことから名付けられたものです。
「二人セゾン」は、欅坂46のなかでも表現の仕方が難しいダンスとして知られていて、それをダンスが苦手な井口さんがチャレンジしたんです。
振付師のTAKAHIROさんやメンバーたちのサポートもありつつ、一つのステージとして作り上げていった様子は感動的でした。
こうしたひたむきな姿勢はグループにも影響を与えていると思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200215-00010004-realsound-ent
2/15(土) 7:04配信


(出典 zelkova46and10jin.up.seesaa.net)


(出典 cdn.hinatazaka46.com)


(出典 cdn.hinatazaka46.com)


(出典 pbs.twimg.com)





2 砂漠のマスカレード ★

また、井口がグループに与えた貢献についても同氏は語る。

「日向坂46のシングルがリリースされるタイミングになると、「シングルヒット祈願キャンペーン」を行うのですが、そのなかで井口さんの言動はよく注目を集めていました。
たとえば1stシングル『キュン』のリリースタイミングで、全メンバーが2人1組で襷をつないでいき120キロの駅伝を行った際には、第一走者の加藤史帆さんと上村ひなのさんを、人目をはばからずに応援して盛り上げていました。
無条件に他のメンバーを肯定する力はグループ随一だったと思いますし、そのような彼女の人柄はメンバーを支えていたと思います。
また、齊藤京子さんは、井口さんを親友であると公言しており、バラエティに関する悩みを相談していたようです。バラエティでの対応において、齊藤京子さんにも影響を与えているように思います」

同氏は、井口の卒業に向けて最後にこのように語った。

「バラエティ面でもステージの面でも表現の幅を広げてきたパイオニアですが、その背景には本人の地道な努力がありました。彼女のそういったメンタリティはメンバーに受け継がれていくと思います。
また、人の話を真摯に受け止め肯定してくれる存在でもあるので、どこへ行っても活躍されるでしょう。個人的には、いつか「スナック眞緒」を開いてみんなを幸せにしてほしいですね」

卒業後は社会人として企業で働くことを明言している井口。グループの卒業は残念だが、彼女の努力は今後も活かされていくことだろう。一方日向坂46は彼女の不在をどう乗り越えていくのだろうか。
グループの今後の活動も見守っていきたい


3 名無しさん@恐縮です

可哀想だね。一発レッドなんて


4 名無しさん@恐縮です

一発レッドかかわいそうだけど
ダンスがアイドルのラベルにさえ達していなかったからね…
早めの卒業が正解だった気がする


7 名無しさん@恐縮です

スナック真緒はあんまり面白くなかったけど素のしゃべりは面白かったよ
性欲をコントロール出来なかったんだね残念。好きだったよ


19 名無しさん@恐縮です

>>7
>>15
まるで元NMBのエースだった渡辺みるきーを思い出すなw

アイツもトムスキャンダルでアイドル人生が終わったw


9 名無しさん@恐縮です

もったいないよな モッチー ホンマもったいない


10 名無しさん@恐縮です

スレタイ褒めすぎで草
一般社会より芸能界が向いてるとは思う


11 名無しさん@恐縮です

昆虫を普通に食べて「あたし平気でーす…」と申し訳なさそうに画面の端でいつまでもバリボリ食ってたのが忘れられないw

ねるとか菅井は嫌じゃない平気ですって食べ方だったけど井口は食い物として食ってた


12 名無しさん@恐縮です

本日の「誰?」スレw


13 名無しさん@恐縮です

かわいいやん
右か左か知らんけどw


17 名無しさん@恐縮です

可愛いし面白いし根性もある
男の服を来てブログと収録がオタの逆鱗に触れた


21 名無しさん@恐縮です

>>17
>>16
ほんとバカな事したもんだ
カレシの服着てブログってヲタをナメてるとしか言いようがねーなw

この子は向日坂の中でも可愛くてバラエティセンスもあって向日坂の中で出世頭になるはずの期待のメンバーだっただけにホントもったいないことしたなぁ


42 名無しさん@恐縮です

ブスだからなぁ
本当に才能があるなら普通に芸能界にのこってるでしょ


50 名無しさん@恐縮です

>>42
日向坂で一番可愛い


51 名無しさん@恐縮です

アイドルに面白さを求めるのがわからん


53 名無しさん@恐縮です

>>51
歌ダメ+ダンスダメ+体も大したこと無いとなったら
あとはしゃべり(言動)で生き残るしか無い


54 名無しさん@恐縮です

>>53
うたこんで高本とともに踊りがズレてた
それが目について知った
顔も可愛い
秋元ヲタは踊りや歌が下手な子を応援したいと考えるイメージだったが、違うのか