エンタメニュース速報まとめ

芸能 エンタメ ニュース速報など幅広くまとめています。 最新情報など随時更新していきますのでお気軽にどうぞ!! 芸能人 エンタメ ニュース アイドル 女優 俳優 Youtuber コスプレイヤー ニュー速VIP 2ちゃんねる

    タグ:メルカリ


    【事件】メルカリで「その辺に落ちていそうな石」が出品されて売り切れてしまう 。「新型コロナ対策」


    これはやりすぎ。どがすぎる。

    【動画はこちら】

    フリマアプリメルカリ」でのマスクトイレットペーパーなどの高額転売が物議を醸しています。

    そんな中、新型コロナウイルス対策が必要な方に向け「花崗岩」が売られているのが確認できました(→ページはこちら)。

    ネットには「石なんて田舎に住んでる僕でさえも沢山あります」「こんなの使っても意味ないぞ」「これから、そんなのがいっぱいでますよ。”手首にバンドつけたらコロナ感染しませんよ”とか、◯◯はコロナ予防できるとか」などのコメントが寄せられています。

    メルカリはこういう詐欺に近い出品を取り締まらないのでしょうか。。

    【動画はこちら】

    【悲報】メルカリで新型コロナ対策用に「その辺に落ちていそうな石」が出品、売り切れてしまう


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【事件】メルカリで「その辺に落ちていそうな石」が出品されて売り切れてしまう 。「新型コロナ対策」】の続きを読む


    マスクの転売ユーザーに制限 1000円超のものは消える


    使途不明金?!わら

    マスクトイレットペーパーなどの高額転売について、怒った消費者らがメルカリなどで出品者らと非難の応酬をする事態になっている。

    メルカリも、対策に乗り出しており、これらの出品のうち、1000円超のものは姿を消していることが分かった。

    「感染しないよう代理購入」などと説明があったが...

    トイレットペーパーが30ロールで5555円――。ある転売者は2020年3月2日、「入手困難」だとして、こんな価格でメルカリに出品したものの、メルカリの事務局から「不適切」だと判断されて、再び出品を削除させられたとツイッターで明かした。

    転売に怒ったユーザーから、メルカリサイトコメント欄などで攻撃も受けていたという。さらに、ツイートによると、メルカリからは、度重なる規約違反があったとして、「無期限の利用制限」をされ、今後の利用ができなくなった。

    この転売者は、消費者が小売店を回れば新型コロナウイルスに感染する恐れがあるため、代理購入して転売で手数料を取っていると主張しており、クレームを入れてくるユーザーを「正義マン」などと呼んで揶揄し、ネット上で話題を呼ぶこととなった。

    メルカリでは、これまでも、高額転売を巡ってトラブルになっている。

    別の転売者は2月上旬、マスク3000枚弱を送料込み7万5000円で出品したが、怒った消費者からコメント欄で次々に非難を浴びる騒ぎになった。この転売者は、需要が多かったため自分のマスクを犠牲にして売っているだけだと反論し、誹謗中傷を止めるように訴え、書き込みを次々に削除していた。

    最近は、感染予防とは直接関わりのないトイレットペーパーなども品薄となり、こうした商品を出品するユーザーには、コメント欄に非難の書き込みが次々寄せられ、「つるし上げ」に遭う事態となっている。転売をストップしようとメルカリにデマへの注意喚起の「出品」をするケースも相次いでいる。ツイッターなどでは、「自警団」と評する向きもある。

    控えていたトイレットペーパーの制限、追記に加える

    メルカリも、マスクなど感染予防用品の高額転売への対策に乗り出しており、2月4日の公式ブログでは、「社会通念上適切な範囲での出品」を呼びかけ、転売者の取引状況によっては、入手経路の確認や出品の削除・利用制限も行うと明らかにした。

    同27日には、消毒用アルコールなども削除や制限などの対象にするとブログで明かした。トイレットペーパーなどの入手困難も社会問題になったが、翌28日のブログでは、「現在のところ、一連の報道にありますトイレットペーパーティッシュペーパーの取引が著しく増えたという事実はございません」と説明した。

    その後は、トイレットペーパーなどについては、社会通念上適切な範囲での出品への協力要請に留まっていた。

    しかし、これらの高額転売もネットで批判が高まったこともあってか、このブログ3月3日になって、次の内容を追記した。

    「現在の状況に鑑み、トイレットペーパーティッシュペーパーについても入手経路の確認や商品の削除・利用制限等の対象とさせていただきました。また、著しく高額で出品された商品につきましては、削除対象とさせていただきます。引き続き、ご理解とご協力のほどお願いいたします」

    転売者らが出品を分散している可能性はあるものの、3日夕現在、マスクトイレットペーパーなどを価格の高い順に検索すると、1000円を超える出品が姿を消している。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    1000円超の出品が姿を消している(メルカリのサイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マスクの転売ユーザー死亡フラグw1000円超え消えるという事件www】の続きを読む


    メルカリ問題といい転売のシステムを規制しない限りこの悪循環の解消は厳しい,,,

    【【速報】マスク高騰しすぎてる】の続きを読む

    問屋と卸売業者の理屈やが圧倒的に違うのは民間のやり取りということ。故にリスクが高く火種も多い,,,

    ネットショッピングmarchmeena29/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    薬局などでは1人当たりの購入数に制限が設けられるなど、価値が非常に高まっているマスク。中には品薄状態になっていることを逆手にとり、高額転売を行なう人物も少なくはない。

    ■「半無法地帯」の状態に…?

    戦後の日本では「ヤミ市」と呼ばれる場で様々な物品の取引が行われたが、現代では売買の主戦場は主にインターネットフリマ系のアプリサイトでは、マスク1箱当たりに相場の10倍近い価格がつけられるケースも珍しくない。

    Yahoo! 知恵袋』では、メルカリマスクを購入したあるユーザーエピソードが注目を集めている。

    関連記事:ダイソーへ買い物に行ったら… 「マスク売り場」に感動した

    ■止むを得ず購入すると…

    「どうしても仕事柄マスクが必要だった」という理由で、マスクが50枚入った箱を2つ購入したという投稿主。トータル6,000円という高額な商品だったが、止むを得ないため納得の上で購入したそうだ。

    しかし出品者の他の商品を見て、やるせない気持ちが胸に押し寄せる。トピックには「その方は中古の子供服やオモチャを主に出品されていて、子供さんがいる主婦の方のようでした」と綴られていた。

    購入したマスクには非常に丁寧なメッセージが添えられいたため、投稿主は「それが逆に切なくなりました」「すごく丁寧な方なのにマスクを高値で出品していることにちょっとショック」と心境を語っている。

    関連記事:都内で”マスクを買うための行列”が話題に メーカーは「通常の10倍の注文が来た」

    ■「これは切ない…」と共感の声

    転売行為をする人々は、ネット上で「転売ヤー」と揶揄されている。人によってイメージする人物像は様々だが、あまり柄の良くないタイプの人々を思い浮かべるケースが多いのではないだろうか。

    しかし、そんな固定観念を覆すかのような「世間的に良い人」の転売行為にショックを受けた投稿主。同トピックには、「切ないですね…。なんか涙が出そう」「そういうのを知ると、人を見る目が変わりますよね」「愛想の良い人がじつはドロドロした性格だったりするしね…」といったコメントが寄せられていた。

    関連記事:「転売屋を本気で潰す方法」が議論に 弁護士に見解を聞いた

    ■転売品を買う?

    公演チケットや限定品など、希少価値のあるものは「転売ありき」が当たり前のようになってしまった昨今。しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,387名を対象として「転売品を購入した経験」について調査を行なったことが。

    調査の結果、「定価より高い転売品を買うことがある」と回答した人は全体の9.6%と判明している。

    転売

    転売行為の多くは、「ごく普通の一般市民」によって行なわれているのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→メルカリで3箱1000円のマスク 「元の値段」に目を疑った…

    (文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日2016年10月24日
    対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

    メルカリで2箱6千円のマスクを購入 出品者の正体に「切なくなった…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メルカリのマスク転売問題に議論多発。もはや犯罪視されつつある】の続きを読む


    株式会社メルカリ(英: Mercari, Inc.)は、東京都港区に本社を置く日本の企業。 フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営している。2013年に山田進太郎が株式会社コウゾウ(現・株式会社メルカリ)を設立、2016年に初めて黒字化した。 他に、地域コミュニティアプリ「アッテ」、本・CD・DV
    38キロバイト (4,630 語) - 2019年12月3日 (火) 20:50


    見切り早かったんやな,,,

    no title
    no title
    【メルカリで偽物買ったら大変なことになってるんだがww】の続きを読む

    このページのトップヘ